介護のまめ知識

入浴介助

入浴の目的と注意点

入浴

入浴は身体の清潔を保つのに最良です。
また全身の血行をよくし、硬くなった関節をやわらかくします。
入浴ができない場合は、清拭をすることで、身体の清潔を保つことができます。

  • 入浴は血行がよくなり、手や足の機能回復に役立ちます。
  • 入浴は全身がリラックスします。
  • 入浴時、全身の状態チェックができ、床ずれ・皮膚疾患の予防になります。

しかし入浴は、血圧の変化などで身体に与える負担は大きなものがあります。
入浴前の身体の状態、入浴中の身体の状態、入浴後の身体の状態に気を配り、安全で心地よい入浴になるよう、以下の注意点に留意してください。

入浴手順

  1. 入浴介助の前には、お年寄りの体調をチェック(血圧、体温、脈数、呼吸数等)をします。
    [入浴前の注意点]
    ・排泄をできるだけしておく。(おむつをしてる方はこの限りではありません)
    ・空腹満腹時(食事の1時間前後)は避けること。
    ・急変時に対応できるようにする。
  2. 脱衣場・浴室を暖めておき、寒い所での着脱は避けましょう。湯加減は40度程度に調節します。
  3. 入浴時間は10~15分、浴槽内に入るのは5分以内が良いでしょう。
    高血圧・不整脈・心臓の弱い方はぬるめ(37度程度)にし、胸までの入浴にしましょう。
    ※肩までつかると心臓に負担がかかります。
    [入浴中の注意点]
    ・体調の変化や気分が悪くなった時はすぐに中止し、医師・看護士に連絡する。
    ・浴室内で滑らないように支える。
    ・心臓より下まで湯船につかる。(心臓への負担を軽減するため)
    ・その人にあった入浴をする。
  4. お風呂から出たら、すぐ身体の水分を十分拭き取り、湯ざめしないように配慮して下さい。
  5. 入浴後は必ず、十分な水分補給をして下さい。
    汗などで血液中の水分が失われて、血液の濃度が濃くなり血管がつまりやすくなります。
    [入浴後の注意点]
    ・体調の変化や気分が悪くなった時は、医師・看護士に連絡する。
    ・湯冷めしないようにふき取り、乾燥を徹底する。